こどもミュージカル

広島市安佐北区で活動中☆ 子供が主役のミュージカル活動ブログ♪ お問い合わせは kodomomusical.kabe2013@gmail.com まで♪

ロビーコンサート出演しました♪

こんにちは(^ー^)

音楽で結ばれる大きな世界♪

こどもミュージカルのブログへようこそ♪

 

昨日8月2日(水)、可部公民館ロビーコンサートに出演し、無事終了しました!

 

f:id:kodomomusical:20170803083103j:image

今回は、朗読を2つと合唱を3曲。

 

朗読の1つは、小園愛子作「灯籠流し」。

年中さんから、2年生までの子供達10人で朗読しました。歌は歌えるけど朗読は初めてで、声がなかなか出ない…という子もいる中、本番は原稿を見ずに、一人一人が担当されたパートを読み上げました。

それぞれ短い文ではあるけれど、心を込めて読み上げると、詩に命が吹き込まれるように、生き生きとしてきます。

 

「ピカリピカリ、ぽっかりぽっかり 、赤い灯籠、青い灯籠ー」

灯籠が流れる情景、その背景にある悲しみや苦しみ、平和への願いーみんなの心にも届いたのではないかな、と感じました。

 

2番目の朗読は「はだしのゲン」。

絵本の一部を抜粋してナレーションとセリフで、表現しました。

 

ゲンとお父さんと弟たちのセリフは男の子のメンバー4人で、原爆が投下される前後のナレーションを3年と4年生の女の子が担当しました。原爆が投下された直後の広島の町の中で、必死に家族を助けようとするゲン、「麦のように強くなれ」とゲンを励ましながら死んでいったお父さん。

 

いつものミュージカルでは歌やセリフの言い回しを丁寧に練習して来ましたが、朗読となると、ちょっと違うみたいで…最初は棒読みになってしまい、戦争を知らない子供たちが、その気持ちになれるかはとても難しいところだったと思います。

 

そんなこどもたちに大﨑先生は、「はだしのゲン」の絵本をみながら、その立場を想像してみるよう、一つ一つのセリフや言い回しをどう表現していくか、考えるように進めてくれました。

練習期間が短かったせいか、家での練習がとても大事だったのですが、毎週土曜日に集まるたびに、みんなどんどん上手になっていくのがよくわかりました。何回も練習し、その人物の立場に立って考えたのでしょうね。中には原爆資料館に足を運び、勉強してきたメンバーもいました。

 

本番では、涙を流して聞いてくださった方々もいらっしゃいました。

 

続いて合唱を3曲。

「青い空は」、「アオギリのうた」、「We love the EARTH from HIROSHIMA」を歌いました。

曲調は明るめですが、歌詞は戦争の悲惨さと平和の尊さを謳ったものになっています。

お母さんたちも、後ろに立って合唱を盛り上げました^_^

f:id:kodomomusical:20170803220217j:image終了後の記念撮影

みな、ホッと安心した表情です(^ ^)

 

最後に、ご指導及びピアノ伴奏をしてくださった大﨑先生をはじめ、今回の出演を企画してくださった可部公民館の職員の皆様、暑い中足を運んで最後まで聴いてくださった皆様、この場を借りて、お礼申し上げます。

 

広島に生きる私たち、こどもたちにとっても、とてもいい経験となったと思います。

ありがとうございました。

 

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・

 

・。・゚・。・゚・♪。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・♪。・゚

指導者・大﨑巳樹代先生の…

ブログ↓↓

ミキてぃーな日々♪

ホームページ↓↓

広島市安佐南区 歌とオペレッタを楽しむ

・。・゚・。・゚・♪。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・♪。・゚

こどもミュージカルでは団員を募集しています。
いつでも見学大歓迎☆
一緒にミュージカルをやってみませんか?
お問い合わせは↓↓↓
コメント欄から…または
可部公民館(広島市安佐北区
℡082-814-4031
まで、お気軽にどうぞ(^-^)

・。・゚・。・゚・♪。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・♪。・゚